私は着物をよく着ます。
でも、一般的にもそうであるように、汚れるのが気になる時があります。
周りのみんなにも気を使わせてしまうこともあります。
「着物の上に着られる割烹着が欲しい」と思ってから、色々探したけれど、
気に入るものは、」なかなか見つけれなかった。
(あるにはあるけど、イメージが一致しなかった・・・)
どうしても欲しいけど、見つけられなかったらどうする?
布ものなんだし、作れそうだったら作ってみる?
時折現れる、創作の神が横切っていきました。
布を広げてフリーハンドでハサミを進め、迷走の結果
和・洋どちらの雰囲気も持っている、フレンチアンティーク風な形が
出来上がっていきました。

こだわり

一番こだわったのは素材。
着物が正絹で天然素材なのに、化学繊維をかぶせてしまうのは
もったいないなあ・・・

もちろん汚れをカバーするもので、割烹着そのものの汚れも
落としやすくしたいのですが、なんかしっくりきませんでした。
そこで、いつもロブデュに使っている天然リネンに着目。

私が鼻血をドバドバ出しちゃったとき、前面が血だらけなったけど、
中の服には染透らなかったし、普通の洗濯で鼻血のシミはほとんど
落ちたっけ・・・

リネンの繊維はペクチンという成分にコーティングされているので、
汚れには強いとのこと。

一度一致したイメージはどんどん膨らんで
ソフトリネンのふわりとした割烹着ができあがりました。

何もしないでいても、ただ置いておくだけでも物は汚れていきます。
新品のままタンスにしまっておいても、出してみたらシミがういていたりもします。
まして、着て活動していたら汚れてしまうのも仕方ないですね。

大切な洋服や着物を守りたいのも当然だけど、ある程度は受け入れて
それに味わいや懐かしさを感じられるようになれたらいいな・・・
と、思う今日この頃です。

命名秘話​

気に入ったものには、名前を付けたくなります。

和風でもあり、プロバンス地方のタブリエエプロンのような趣のある
割烹着。

かっぽうぎ・・・タブリエ・・・タブリエ・・・割烹着・・・
タブリエかっぽうぎ・・・タ・ブ・ポ

思い巡らしているうちに、口ずさんだ「タブポ」

何だか、しっくりきたので
私の作る割烹着の名前は「タブポ」になりました。

天然服工房 プチ・プラム
​松井 浩子

〒781-0011

高知県高知市薊野北町1丁目10-3 沢田マンション3F-11

プチ・プラムのQRコードです。

スマートホンにアドレスを移したり​、お友達にプチ・プラムをご紹介くださる時などにご利用ください。

Copyright(C)2017 Petit Prune All Rights Reserved.