「自分にも他人にも優しくなれる。感謝できる」

​そんな瞬間を感じていただければと思います。

​四万十手仕事市 Vol.19

四万十手仕事市の会場「緑林公園」は、山あいの安全地帯のような穏やかな場所・・・。

小川や、大きなすべり台、芝生の広場は、そこに居るだけでのんびりくつろげます。

​今回は一年ぶりに出店させていただき、有意義な一日を過ごさせていただきました。

​四万十手仕事市 Vol.19

2018.10.7 SUN 10:00-15:00

​四万十緑林公園 高知県高岡郡四万十町香月が丘

​【駐車場】

​四万十緑林公園駐車場・窪川中学校駐車場

shimanto_1
press to zoom
shimanto_2
press to zoom
1/1
数回お休みしましたが
プチ・プラム​頑張って
出店しまーす♪
hiroko.png

​​2017年55日(

​四万十手仕事市2017

​​10:00~16:00

四万十緑林公園 高岡郡四万十町香月が丘8-102 

​プチ・プラムは正面ゲートから左手奥の方に出店しています。

日頃、お会いすることが少ない高知県西部のお客様と

触れ合うことが出来る唯一の出店です。

感謝の気持ちをいっぱいこめて、皆様にお会いできることを

​楽しみにしております。

hiroko.png
行ってきたよ、四万十手仕事市。
​楽しかったぁ♪

高知市から車で南西方面に約1時間走ると、海抜0mから一気に230m駆け上がる久礼坂があります。

今は高速道路が整備され車では高低差があまり感じられませんが、やはり一気に駆け上がる事には変わりなく、
鼓膜がプチプチと鳴り標高230mの高南台地に着いたことを教えてくれます。

ここが旧名窪川町と呼ばれていた四万十町です。

実際にどうだか分かりませんが、この四万十町が高知県の東西文化の交流点であったように思われます。

険しい久礼坂を境にして方便のニュアンスが微妙に違ってきますし、人情も海辺の猛々しさがとれ、まろやかで優しい風情が漂っています。

さらに、高知県民は感謝しなければならない原発阻止、建設断念させた数少ない住民運動勝利の地なのです。

そんな四万十市で開催される「四万十手仕事市」に縁あって数年前から出店させていただいております。

会場は新緑が目に染みる四万十緑林公園です。

天然服工房プチ・プラムとしても、ここが高知県西部のお客様を繋ぐ最前線になっています。

県西部のお客様とはメールや電話、ホームページを介してのご注文が常で、お会いできる機会が少ないのです。

四万十手仕事市は、そのようなお客様と触れ合うことのできる楽しく、幸せな場所となっています。

会場を流れる爽やかで涼やかな風。
子供たちの歓声に交じって聞こえてくる小川のせせらぎ。
沢山の来場者の活気あふれるざわめき。
久しぶりにお会いするお客様との会話。

何をとっても、私には幸せな時間でした。

このような機会を作っていただいたスタッフの方々に感謝しつつ、わざわざご来店いただいたお客さに御礼申し上げます。

​過去の四万十手仕事市の様子

simanto1
simanto1
press to zoom
simanto2
simanto2
press to zoom
simanto3
simanto3
press to zoom
simanto4
simanto4
press to zoom
simanto5
simanto5
press to zoom
simanto6
simanto6
press to zoom
simanto7
simanto7
press to zoom
simanto8
simanto8
press to zoom
1/1